店舗設計に取り掛かる適切なタイミングとは

店舗設計に取り掛かる適切なタイミングとは

新たな店舗を出店する場合、経営者側は少しでも集客力を高めるために建物の外観や内装は拘りを持つ場合が多くなっています。
これは客の第一印象を重視しているからであり、同じ物品やサービスを行う競争相手が多数存在していることから、この部分を蔑ろにしてしまうと運営が難しくなってしますだけです。
また、少しでも早く開店しなければ資金の枯渇という問題が発生しますが、店舗設計を実施する場合は取り掛かるタイミングが大切になります。
店舗を新規で建てたり居抜き物件をリニューアルする場合、必ず実施するために店舗設計を終了しなければいけません。
これは事業計画を立案しておかなければスムーズに開店できないからであり、問題が起きるとそこで進捗が停止してしまうので、これは死活問題と言えます。
適切なタイミングは店舗を設置する場所を定めてから、関連する法律関係の処理を済ませてから行うといいでしょう。
店舗を建てる場合は建築基準法だけでなく、周囲の景観にも配慮しなければいけない場所があります。
このような問題を解決しないで建設に取り掛かっても工事の差し止めを求められる場合があるので、注意が必要です。
また、消防関係は以後にも定期的に検査を受け、そこで不具合が発生すれば営業停止という処分が下ることもあるので、店舗設計は完璧に法令に則った店舗になることを確認してから実施するようにしてください。

"

オープン予定日まで余裕を持って始めたい店舗設計

店舗設計の計画は、オープン予定日まで余裕を持って立てましょう。
一般的にはオープン予定日の約2ヶ月前までに始めておけば、間に合わせることができるとされています。
しかし手続きで時間がかかったり、内外装工事に予定以上の時間がかかるケースもあります。
工事に予定以上の時間がかかればオープンを遅らせるしかなくなるので、余裕を持って店舗設計を始めるのがおすすめです。
また遅れてしまう原因には、店舗設計や内外装工事に時間がかかるからだけではありません。
店舗が完成した後には保健所や消防署など、さまざまな関係機関で開業手続きをしなければいけません。
手続きはスムーズに進みますが、申請した書類に不備などがあれば日数が必要になる場合もあります。
このように店舗の新規オープン時には、予定外のトラブルが起きるものです。
すべてが順調に進むということはないので、店舗設計を始めとする準備には時間に余裕を持ちながら計画を立てましょう。

"
店舗設計に関する情報サイト
店舗設計のポイント

通いたくなるようなお店を作るには、店舗設計をしっかりしておく必要があるといえます。特に大事なのは、エントランスの雰囲気づくりといえるでしょう。入口の雰囲気をどのようにするかで、集客率を左右するポイントとなってくるのです。入りやすいお店を考えてみると、お店の情報がきちんと見ることができるかも大事といえます。一見してどういったお店なのかが外観でわかるのは、重要なポイントです。気を付けて、店づくりをしてください。

Search