通いたくなる店づくり!店舗設計を頼む前に知っておきたいポイントなどを解説します

通いたくなるようなお店を作るには、店舗設計をしっかりしておく必要があるといえます。
特に大事なのは、エントランスの雰囲気づくりといえるでしょう。
入口の雰囲気をどのようにするかで、集客率を左右するポイントとなってくるのです。
入りやすいお店を考えてみると、お店の情報がきちんと見ることができるかも大事といえます。
一見してどういったお店なのかが外観でわかるのは、重要なポイントです。
気を付けて、店づくりをしてください。

通いたくなる店づくり!店舗設計を頼む前に知っておきたいポイントなどを解説します

そして居心地の良い空間を店舗設計しておくことが大事です。
店づくりでは清潔感があるエントランスをすることで、自然とお客さんが集まってくるような店となってきます。
お店の情報やサービスが分かるようなエントランスを店舗設計にしたならば、ウインドウショッピングをすることで、飲食店はガラス張りにしたりなどして店舗の様子を見ることができるのです。
ガラスを用いた店舗デザインを駆使するのもおすすめです。
逆に入りにくいような店舗設計をしていると、集客率が下がってしまうのです。

店舗設計にかかるトータルの費用は?

雑貨店から飲食店、またはアパレルなど色んな商業施設が全国各地で点在しています。
新しく開業をするためには、まずは店舗を手に入れないといけません。
その際、ほかの施設とは異なったデザインにしたいと多くの方が思われることでしょう。
そこでここでは、店舗設計にかかるトータル費用について考察をしていきます。
まず費用は敷地面積によって大きく異なるので、価格は前後します。
飲食店であれば100平方メートルの延床面積で、約100万円です。
店舗設計時にキッチンと客席の空間という2つのデザインと設備を設けることで、少しお値段が高くなります。
一方雑貨やアパレルの場合は、約40万円がトータル価格です。
全体を統一して表現をすることができ、特別な設備を導入する必要がないのでお安くなります。
店舗設計を依頼する場合、必ず施工方法も確認をしましょう。
木造から鉄筋など色んな素材でおこなうため、建設時のコストが2つで大きく異なります。

スムーズな店舗設計につながる依頼方法

店舗設計を行うなら、スムーズに進められるように配慮しなければなりません。
ポイントになるのは依頼方法であり、すべてを任せるような頼み方は間違いです。
それだと依頼後に何度も打ち合わせを重ねることになり、そのための準備に時間を取られることになるでしょう。
そのような事態を避けるには、前もってある程度のことを検討しておく必要があります。
たとえば、フロアの配色や内装のコンセプトを考えておけば、それらを伝えるだけで作業を進めてくれます。
言い換えると、それらが未定のままだと、話し合って決めていくステップに時間がかかりやすいです。
窓や扉の位置なども同様であり、頼む前に大まかにでも考えておけば、相談する時間を大幅にカットできます。
このように準備の良し悪しによって、オープンまでの期間が大きく変わるのです。
それゆえ、やみくもに依頼するのではなく、先行きを見通して頼むことが欠かせません。
店舗設計をどのように進めてもらいたいのか検討しておきましょう。

店舗設計のクオリティが集客に影響

飲食店は特にですし、アパレル系でもお店の入り口や中のお洒落度というのはとても重要です。
その第一印象もそうですし、お店のロゴや看板から始まって中に入るまでというのも重要なポイントです。
そこに店舗設計がこだわってつくられていると、集客にも必ず影響が出てきますしこだわればこだわった分お店には多くのお客さんが入ってくることになります。
店舗設計はどこまでサポートをしてもらえるかということになりますと、飲食店であればキッチンの配置などから始まりインテリアは全般に任せられます。
途中で選択肢が出てきた時に決めたりすることも出来ますが、よくわからないという場合は打ち合わせで相談することも出来ますし、任せることも出来ますので素人さんでも安心です。
口コミ評判であったりランキングなども参考にしつつ、選ぶ業者を探していく事をお勧めします。
実績のある業者ですとノウハウがありますが、費用は高くなります。
それでも選ぶ価値はあるでしょう。

店舗設計に向けて実施される現地調査

新規出店にて店舗設計を専門会社に依頼をする場合、事前に現地調査を行うことは当然ながら必須要件です。
調査の内容は決して難しい範囲ではありませんが、床面や壁面のサイズ測定と窓ガラスの位置確認とサイズ確認、床から天井までの高さの測定などは基本的項目です。
給排水管の位置を確認することや、電気配線の能力やコンセントの位置、天井に排気菅などダクトがあれば隠すための方法なども店舗設計では重要になります。
幅や距離を測定するにはメジャーを使う方法とレーザーを用いる方法がありますが、どちらも狂いが生じないようにミリ単位で計測する方法を採用しています。
後は店内の全ての場所を写真撮影をすることも行われており、貴重なデータとして利用されています。
この現地調査を完璧にすることで持ち帰ったデータから図面を描き、グラフィックソフトで完成イメージの作成を行う方法なので、依頼者側は自ら希望する条件を伝えるだけで完璧な店舗設計と施工を済ませられます。

店舗設計に関する情報サイト
店舗設計のポイント

通いたくなるようなお店を作るには、店舗設計をしっかりしておく必要があるといえます。特に大事なのは、エントランスの雰囲気づくりといえるでしょう。入口の雰囲気をどのようにするかで、集客率を左右するポイントとなってくるのです。入りやすいお店を考えてみると、お店の情報がきちんと見ることができるかも大事といえます。一見してどういったお店なのかが外観でわかるのは、重要なポイントです。気を付けて、店づくりをしてください。

Search